FC2ブログ

2009-08

No-Kill Country をめざして 

“No-Kill Country” をめざして


先月のこと、娘が以前、高校の論文で書いた上記テーマで、
チャーチル杯という、スピーチコンテストに出ると申しました。

コンテストで多くの聴衆にこの考えを伝えることができたら、意味があると考えたようです。

娘とディスカッションやブレインストーミングを重ねながら、私も一緒にこの問題について改めて考える機会となりました。

何人かの先生のご助言で、また振り出しに戻って考えてみたり、

ペットが好きでない人、関心がない人をも納得させられるようでないといけないので、
何故殺してはいけないのか、鳥牛豚は(食肉のため)殺して(よいとも言い切れないですが)、
犬猫は何故いけないのか、
そこからスタートするのが、難しいところでした。

私としては、ペットは家族だから、と言う、好きなことを前提にした考えからスタートしていたのですが、それでは、上記の方たちを納得させることができない、など。。。

ご興味ある方は、お読みになって下さい。



“No-Kill Country”

Thank you Mr./Mrs. Chairperson, and good afternoon, ladies and gentlemen.
Imagine taking an afternoon stroll in a park. You see a boy playing catch with his Golden
Retriever, a young lady with a Dalmatian reclining at her feet…
But not many people realize that these dogs are some of the lucky few, and that the majority of Japan’s pets are forced to lead horrific lives.

Every year in Japanese government facilities, around three hundred thousand dogs and cats are put to death. They are moved from one dark cramped room to another each day, until a remote-controlled wall pushes them into a gas chamber into which carbon dioxide is slowly injected.
After fifteen minutes of suffocation, they are all dead.

These deaths aren’t of vicious animals that must be killed for others’ safety, but of animals that would become good family pets, if only given the chance—in some cases, puppies and kittens are put to death before they ever see daylight.

Can we ignore these atrocities? As an avid animal-lover, my answer is of course “no.” But I will admit that anywhere, in any country, there are bound to be some unfortunate pets, because there are always a few people who have little regard for animal rights. I am speaking today because there is a far more serious problem particular to Japan.

The problem is this: we as a nation, either knowingly or unknowingly, allow a monstrous mechanism to operate, whereby life is created, put up for sale, thrown away, and killed for no purpose at all. And what is more, this cycle of mass pet production is taken for granted. It’s not just some irresponsible individuals we must do something about; it’s us, our attitude that is the problem.

Let’s take a moment to get to the bottom of this matter. Why are there so many unwanted pets in the first place? Well, I think we’ve all been to pet shops at least once and exclaimed how adorable the little puppies and kittens are. So it might surprise you to learn that all these pet shops would be considered illegal in America, England, Germany, and many other parts of the world where confining dogs and cats and putting them up for show are seen as animal abuse. In such countries, a person who wants a dog or cat either consults a qualified breeder or goes to an animal shelter. Before a person can actually acquire a pet, he is asked to prove whether he can provide a proper home for it because dogs and cats are seen as animal companions who become members of the owner’s family.

Yet in Japan, anyone can purchase a pet as long as he has enough money. It’s hard to resist the temptation to buy pets as small and fluffy as teddy bears--but most pets don’t stay small and fluffy. Not only do they need food and regular exercise for ten to twenty years, they also grow old and get sick just as we do. Some people realize these facts of life a little too late, and end up tossing their pets away like discarded teddy bears--but pets aren’t stuffed animals, and so what awaits them is a very real death. To make matters worse, the money paid for one is used to breed more, and so the vicious cycle of mass pet production and mass killing goes on.

You may be wondering why I am talking about animal welfare when there are other pressing matters to discuss. I don’t mean to say that how pets are treated in Japan is more important than issues like global warming or the AIDS pandemic. But I do wonder how anyone can feel deeply compassionate for people in faraway countries, and yet ignore the abuse and deaths of countless lives in one’s own neighborhood.

And although some people might say that animals do not have feelings, I cannot disagree more with this statement. In the six years my family and I have been involved in volunteer activities, we’ve taken in and found new homes for over a hundred originally unwanted dogs.

One dog called Shippo had lost her tail to a heartless owner’s abuse, and then eyes, and both hind legs to her disease, but surprisingly, she was no more distrustful of humans than a newborn puppy is, and remained loving until one year ago, when she succumbed to sickness and passed away as we watched on. Remembering her life and death always makes me wonder which is more ‘humane’-- the human abusing animals, or the dog offering unconditional love.

As Mahatma Gandhi once said, “the greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated.” How our animal brethren are treated in Japan is a measure of our own humanity, and letting others buy and throw lives away like disposable paper cups is destructive to our society as a whole. By taking part in volunteer activities, we will not only save lives but also help to make a better world.

So please-- do what you can to help. If you ever decide you want a pet, adopt one and let him live a long and happy life. If you can, donate food and blankets to an animal shelter. Even just talking about what you heard today with your friends and family and, if you’re a teacher, with your students, can make all the difference.

What one person can accomplish in a lifetime may be limited, but there are no bounds to what a group of people can achieve together. To cite the words of a great artist: You may say I’m a dreamer, but I’m not the only one ― and I sincerely hope you’ll join us someday.


CADP2GY0.jpg


↓ 応援ぽち お願いします! ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


続けて更新しました。 この下もご覧下さい!


スポンサーサイト



プロレス特集

家族募集中

2009 08 05 cool 007b_edited-1 2009 07 12 sony 033のコピー2009 07 30 (36)のコピー
eugene_edited-1.jpg

お問合せ meguronoinuyashiki@yahoo.co.jp



はる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらり

プロレス特集

2009 08 09 (13)

ぼちぼち


2009 08 09 (2)


やる?








いざ!








2009 08 09 (4)


うりゃあ~!


2009 08 09 (3)

ルカ、ちょろい


2009 08 09
2009 08 09 (1)



2009 08 09 (5)
今日も惨敗ルカ

2009 08 09 (9)

あとは、おきまり。。。



いぬやしき名物。。。


2009 08 09 (8)

ざこね

2009 08 09 (6)
2009 08 09 (7)

おまけ


2009 08 09 (12)

昼寝の時間になると、ひきこもっている3階から降りてきて一緒に寝たがるタマ姫です。

2009 08 09 (11)


2009 08 09 (14)

では、おやすみなさい!






猫足 sippo_banner200_2.gif 猫足 

→ NPOしっぽのなかまホームページ 
→ しっぽのなかま活動日記 

Ctrl+F5キーで最新版がご覧になれます。

  



はる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらり




↓ 応援クリック 励みになります♪ 何卒よろしくお願いします! ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


家族求む!!

家族募集中

2009 07 12 sony 033のコピー
2009 07 30 (36)のコピー
2009 07 04 2
2009 08 05 cool 015
ヨーキー・マカロン家族募集中!

2009 07 19 sony 043
(トリミング前のモサモサマカロン)

eugene_edited-1.jpg
2009 06 25 003
トイプー・ユージーン家族募集中!



はる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらり


save_lives.gif  → こ・ち・ら


 
はる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらり





「動物愛護管理法を見直す会」 
CAT2UE3L.jpg





はる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらり




猫足 sippo_banner200_2.gif 猫足 

→ NPOしっぽのなかまホームページ 
→ しっぽのなかま活動日記 

Ctrl+F5キーで最新版がご覧になれます。

  



はる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらり


いぬやしき界隈


2009 07 29 sony 001

雨いやですな....

雨でも絶対朝晩散歩が必要なきゃらめる、ロキシー、ダイナモ、アニカの4名とともに、
いぬやしき婆も泣いております。

昨日は、新座犬猫里親会の日。

NPOしっぽのなかまの雑誌取材もあったり、忙しかったと思いますが、
私は娘の大学説明会で、失礼させて頂きました。
ところが熱中症で途中退席するはめに。。。

お腹は下し、嘔吐でふらふら、暑いのに寒気で、ほうほうのていで帰宅してみると、
アニカがゴミ箱をひっくり返し、ワルどものパーティーの跡が!

更に、ティッシュ箱をテーブルから引きずり落とし。。。 これもたぶんアニカ被告。

(アニカはどこでも届いてしまう。ゴミ箱も高い台に乗せているのに)

前代未聞。床一面、全てのティッシュが細かく引き裂かれ、紙くずの海。。。
どうする力もなく、そのまま寝ました。

私を踏みつけながらプロレスするお子様軍団をよけつつ、とにかくごみの中、眠り続け、

夜の散歩までにどうにか復活することができました。


2009 08 04 nikon 017のコピー
ダイナモは、全然いたずらをしないです。

が、ティッシュを偏愛し、まとめてひと呑みしてしまうことがあるのですが、飢餓感なのでしょうか?
今日は便に注意してみます。(ティッシュ、新聞紙、ペットシーツなど検出されることあり)

噛み癖のほうは、、、 最近もまた娘を噛みました。(あざになる程度)

アニカが跳び降りるのと入れ違いで、ちょうどタイミング的にこのプライドロック(布団を乗せている所が大好きで、彼の王座にしたいようです)を取られる、
と勘違いしたようで、ちょうど娘も何かふたりに言おうとしていて、一瞬の混乱状態のできごとです。

本犬は歯を当てて牽制しているつもりなのかもしれませんが、
まだまだ注意が必要です。

2009 07 28 sony 002

娘も学期中は殆ど家に居ないので、ダイナモは、このひと他人?と思っているのでしょうか。

以前も、ダイ~!と娘が親しげに寄って行ったら、ぱくっと挨拶されてました。

心配性の親爺の前では、娘は大したことないふうを装い、後から意外と痛いと言っていました。


はる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらり


最後は、何よりも大好きな甘美なお菓子コーナーです。

2009 08 04 nikon 001

余りに美しく、忘れられない味となりました♪

2009 07 19 sony 046

↑ 娘の18歳の誕生日は、先月新座犬猫里親会の日でした。
里親会場隣りの西友で買って帰ったところ、「去年より大きい!」と喜んで?くれました。
シフォンケーキだからちょっと大きめだったのですが。。。


はる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらりはる色きらり



↓ 応援クリック 励みになります♪ 何卒よろしくお願いします! ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


あすなろ学校 追記あり

日本補助犬協会あすなろ学校見学記

2009 07 18 (2)

聴導犬育成と若者自立支援のあすなろ学校(横浜市旭区)にお邪魔しました。

2009 07 18 (8)
↑ lpbanner2.pngLONELY PET 星野奈美代表が、私どもを連れて行って下さいました。

ロンリーペットは、ペットの家族募集情報検索サイト。
星野さんおひとりで立ち上げられ、普及活動されています。

ロンリーペットのかわいいリーフレットの告知・普及にどうかご協力下さい。

動物病院、ペットグッズショップ、譲渡会など、いろいろな方の目に留まる所に置いて頂き、
新しくペットを飼う方が、レスキューされたペットを迎えて頂けるよう繋げる役目をしてくれます。

2009 07 18
↑ 動物愛護管理法を見直す会 藤村晃子代表と共に、見学させて頂きました。
藤村さんのブログにも訪問記が書かれています → こちらさとと-キラキラピンク

2009 07 18 (13)

先生や生徒さん、スタッフ、関係者のかたがたが活動されていました。

2009 07 18 (12)

盲導犬、聴導犬、介助犬の3つの総称の「補助犬」育成とは → こちら 是非お読みください。

2009 07 18 (14)
2009 07 18 (3)
協会副理事長、訓練センター所長 朴善子先生。

先日、TBSでこの学校がドラマ化されました。
出演しているのが、このパピヨンだと思います。

この子は、ぼろぼろの状態で保護されました。
元、悪い状態で飼われ、足に障害が残る犬もいました。

補助犬として育成されている一部は保護犬です。
元、虐待を受けた過去から、最初は人が怖くてしょうがない子もいるそうです。
保護犬を、トイレのしつけから何から始め、人に役立つ犬に育成する、
その過程が非常に興味深く、是非もっと知りたいと思いました。

どん底まで落ちたからこそ、ものすごい生命力でここまで蘇ってきたと伺い、
この子の今の輝きを目の前に大変感動しました。

先生は、少年院のご指導もされているそうで、その子達の背景は、
孤児だったり、虐待を受けていたり、乳飲み子の時から母親に育てられていない、
母親を知らない、などで
本当に弱い、心の体力がない、反抗などという気概はないそうです。

生きる強さや、心が育つためには、人のぬくもりで育てられていることが大事なんだと思いました。
犬たちも同じことがいえる、と思います。

劣悪な繁殖屋で、生まれてこのかた日も当たらぬ密室で、ケージに閉じ込められて育ち、
人との接触も満足にない半生を過ごしてきた子が、捨てられて初めて、
その存在を世に知られることになりますが、
その子たちは、心というか、「自分」が育っていない、性格が形成されていない、というのを見ることがあります。
心は勿論ある筈ですが、そこに必要な人(や他の動物など)との関わり、社会との関わりがないと、育つことができないようです。

繁殖屋から捨てられ、餓死寸前でぼろぼろの体で、人も何もかも怖くて、見上げることもなくずっとうつむいて震えていた犬を思い出しました。
その子のやわらかい心は、最初は閉ざされていました。

2009 07 18 (4)
2009 07 18 (5)
2009 07 18 (11)
2009 07 18 (10)
2009 07 18 (9)
2009 07 18 (6)
↑ NPOしっぽのなかま卒アイラそっくりでびっくり。
別犬です。
子犬の時に保護され、補助犬の適性があり、育成されたそうです。
雑種である、この犬が捨てられ、よくカワイソウ、といわれるけれど、
何も判らない赤ちゃんの時、救われ、可愛がられ育てられ、可哀相ではないそうです。

パピヨンなどが、聴導犬に良く見られるので、適しているからなのかと思いましたら、
割と放棄される犬種だから、起用しているようです。
聴導犬としてサイズが適している必要もありますが、雑種でも可能とのことですが、
和犬は難しいようです。

噛む犬についてのアドバイスを頂きました。
その犬の噛む状況を良く見極め、どういう時に噛むのか、
きちんと把握し、その状況を作らないよう、うまく付き合っていく。
他犬を噛むなら、犬に会わせない、なども必要。

2009 07 18 (1)
2009 07 18 (17)
2009 07 18 (18)
2009 07 18 (16)
2009 07 18 (15)

お食事を一緒に頂きながら、またいろいろお話を伺いました。
共同生活の家庭的雰囲気があり、とても和やかで楽しかったです。

2009 07 18 (19)
午後、パピーウォーカーの集会。

2009 07 18 (24)
2009 07 18 (23)
2009 07 18 (27)

獣医さん出張で、マイクロチップを入れる説明がありました。

2009 07 18 (26)
2009 07 18 (20)
2009 07 18 (29)
2009 07 18 (28)
2009 07 18 (30)
2009 07 18 (22)
2009 07 18 (21)

全員チップを入れた後、レッスン。

朴先生がパピーウォーカーさんたちの悩みなどを聞き、対処法を指導されていました。

成長につれ、飛びつくようになってきた。。。 自分(人)の顔を手を交差して守り、片膝を挙げて牽制すれば、犬は鳩胸なので、自然にやらなくなる、とのこと。

我が家に飛びつくデカ犬が約2名いるので、帰宅後早速やってみております。




パピーウォーカーの仕事に、昔私が憧れていたことも思い出しました。

子犬から育てた子を一年で(盲導犬になるため)手放すなんてできないと思っていたことも。。。




補助犬が、日本社会に益々受け入れられ、活躍することで、
人と犬がもっと理解し合え、より弱者に優しい社会になることと思います。








nametagburnerl.jpg 

↑ クリックして下さい。







動物愛護管理法を見直す会

CAT2UE3L.jpg

http://www.nolove-noearth.com/
  








↓ 応援クリック 心の支えです♪ 何卒よろしくお願いします! ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

めぐろのいぬやしき

Author:めぐろのいぬやしき
Banner_Inuyashiki.gif

Instagram
Instagram


8匹のしっぽたちと3人家族の暮らしをしたためていきます。

現在しっぽのなかまの預かりっ子は。。。
ヨーキー ミカ(家族募集)
マルチーズ ガクト
マルチーズ ピノ逝去


我が家のメンバー
VIVI
ノア
きゃらめる
アニカ
ダライタマ
ダイナモ
  
 =========

ノーリードNO!

  ☆

避妊去勢し、一代限りで大切に。

  ☆

新しく家族を迎える時は保護犬を!

 ========

保護犬の我が家逗留記録

1きゃらめる→我が子になりました
2トラ→あおい
3ちとせ→ゆう去
4ちはや→もも
5チャイ→キマリ
6ジョゼ
7アポロン→大助
8ポセイドン
9ぱでぃんとん
10めい
11ぼう→ルーク
12みもざ→パドメ
13オードリー
14HOPE→トラ
15ゆめ
16まどれーぬ去
17サルヴァトーレ去
18ルジマトフ去
19アリョーシャ
20ミリー
21静香→ももこ去
22シンバ
23萌
24ミシェル→ナヴィ
25シャーロット→ドナ
26チコ→さくら
27ライオネル→トキ
28セフォーラ→陽菜
29亜門→かのん
30メイプル
31プランタン去
32Sirキングチャールズ→ふう去
33アマンゾ甘蔵→福
34ひらり
35クイール
36コロン→コリエ
37フランチェスカ→ヒナ
38アダム
39ジェネヴィーヴ→シャンティ
40フィオナ
41はな
42みれい→ナナ
43セリーヌ→セリ
44ジェレミー
45小夜→サリー去
46オーランド→ミック
47ダコタ→チビ
48ウルフギャング→わさび
49エルフ→シグマ
50あらた→風雅
51サヴィオン→ケンジ
52くるみ去
53チェルシー
54グレゴリー→檀
55アンジェリカ→巴
56まき→うらら
57タバサ
58あめり
59テラ→ケン
60サブリナ→ロゼ
61マリオ→龍太郎
62銀河→しんのすけ
63のぞみ
64ピカソ!
65ペネロピー→URAN
66レオナルド→レオン
67バンディット→ばん
68ショコラ→小夏
69シュークル→こころ
70ひなたオクタヴィオ→ぎん去
71ポーラー
72ティアラ→あい去
73シンシア→チャチャ
74かもみーる
75アレクサンドル
76ガスパール→くぅ
77マレーネ→モナ
78サマンサ→ダライタマ
79アニカ
80マフィー→幸
81ジャクリーン→プッチ
82ラルフ→けん
83チェストナット→ランディ
84ノエル→ノア
85チョコ/ゴディバ→きい
86せいら→みぞれ
87オーウェン→ケン去
88せいや→ティガ去
89アイリーン(猫)去
90しっぽ去'08 9 15
91ユージーン去'14 2 1
92バム
93ガーフィールド→ぷうわ
94クレオパトラ
95シルベスター
96ゾウィ
97はなこ
98アシュリー
99リリー→デイジー
100ジュノ氏→シータ
101イナバ→りりお
102ふぇるでぃなんど→JJ
103フェリペ→さすけ
104フェアリープリンセス→かえで
105どんぐり
106ヒューゴ→ラルゴ
107オータム・ブロッサム
108ぽえむ
109リトルワンダー去
110あじさい去
111ダイナモ
112ロキシー去'12 6 27
113エリオット
114なるみ→ルー
115ルーカス
116ジュニパー去
117ジゼル去
118アナステイシャ→ナナ
119リモナ
120マカロン去
121ジュエル→ティアラ
123ニキ去
124クロウィ
125もみじ去
126ロータス去
127アイーシャ去
128ロッタ→モナ
129それいゆ→マロン
130モナリザ
131フー子
132レキシントン(レコア)
133クレモンティーヌ→ペロ
134だるま(まあ君)去
135ライオットはやと
136クリオ
137マライア→メグ
138ワイノナ→姫たん
139JOY去
140アルファ→みこと
141オメガ→MAX
142ギル
143シナモンすみれ
144シャボレイ→右次郎
145キッシュ→千華
146シンディ→ナツメ去
147イザベル→モカ
148ピスタシオ→ピース
149ルーファス→レオン
150ガクト
151えくぼ去
152シンディ→ナツメ去
153TRUE(玉三郎)去
154ピノ'15 4 去
155クレア→くぅ
156冬馬→エル
157ピリカ
158ガクト(2nd term)
159冬馬(2nd term)→エル
160しおり→リサ
161おとめ
162はるか去'14 1
163ポンチ
164未来⇒レオ
165ミカ 家族募集
166雫



リンク

最新記事

月別アーカイブ